自作を含めたPC全般、ネット関連、管理しているサイトのこと等々、多種にわたって書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ← ポチっとネ!
0608302.jpg  0608301.jpg



随分とお久しぶりです、、、ブログは夏休みを取っていました。。。(^^ゞ


今年の夏は前半は雨ばかりで、8月になってから多少晴れてきたとは言え、もの足りない夏だった気がします。

PCに季節が影響する、、、って、知っていました?
正確には、作業する室温に影響するんですけど、、、。


いくら最近空調完備されているとは言っても、夏と冬とでは結構な差がありますね。
我が家の環境はクーラーの横に時計件温度計が掛かっており、そこで見ると通常28度前後です。


私の環境もCPUをダブルコアに変え、CPUクーラーも水冷式にしてから初めての夏となります。
すこし心配していたんですが、エンコードをすると温度が非常に上がってしまいます。
通常動画をエンコードをする場合、ある程度の時間はどうしてもかかります。
それでも、ダブルコアに変更してから随分と早くなったのですが、そのかわりCPU温度に悩ませれることになりました。


ある一定の温度になると、シャットダウンするよう設定してあるのですが、エンコードを初めて15分程度でシャットダウンしてしまいます。
設定温度を上げるか、、、これはやばいのでやりません。
そこで、写真でもあるように側面を開放して、横から扇風機で風を送っていました。


しかしそれでは、水冷にした意味がない、、、って思い、2箇所のFANを変更しました。
まず、回ってきた水を冷やすラジエーターについているFAN、そして側面のFAN、ともに高速回転の物に変更し、それを前面から制御できるようにしました。


エンコードする時はすべて最高速で回しています。
・・・・しょうがないことですが、、、うるさいです。。。(^^ゞ


これで落ちることは無くなりましたが、エンコード以外でCPU負荷を100%でテストしてもシャットダウンしそうな気配はないのですが、エンコードとなるとテスト結果より高温になってしまうのか少し不思議な気もします。
スポンサーサイト

   ← ポチっとネ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eesun.blog16.fc2.com/tb.php/83-eb826abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。